出会い系を活用して0円テレクラ

タダで楽しめるテレクラは有料サービスとして知られますが、実は0円でも楽しむことが出来ます。もちろん、端末に掛かる通信費は別です。また映像も楽しみたい場合には、ウェブカメラなどに初期投資が求められます。
個人的には、幾らか投資が必要になってもパソコン+ウェブカメラ+ヘッドセットの環境がおすすめです。
機械の設定や配線は苦手・・・という方も、臆することはありません。設定はチャート式に進行しますし、配線はUSB端子を差し込むだけです。
それらの点に不安が拭えない場合は、カメラ搭載型のノートパソコンを用意しましょう。設定はもちろん、一体型のため配線の必要がありません。
環境が用意できたら、次は出会い系サイトを探します。0円で楽しむことが目的なので、無料タイプであることが必須条件です。
良さそうな雰囲気の出会い系サイトが見つかったら、利用できる機能一覧をチェックします。その中にテレクラ機能があるか探してください。あればビンゴ!さっそく会員登録し、楽しみましょう。
相手の女の子は、思いのほか簡単に見つかります。何故なら実際のセックスと異なり、会う必要がなく安全性が高い行為であるからです。
またこちらにも、交通費・食費・宿泊費が掛からないという大きなメリットがあります。何度も言いますが、通信費以外は0円です。思い切り楽しみましょう!
尚、携帯電話+テレビ通話でもテレクラを楽しむことは出来ます。しかしパソコンのディスプレイと比較すると画面は小さく、画質も良くありません。出先で暇つぶしに活用する場合はともかく、普段使いはデメリットが目立ちます。

テレクラの良さは一体なんなのか

出会い系サイトを使っている人の中には、実際に会ってセックスをすることよりも、テレクラという遊び方を選ぶ人もいます。
つまり、実際に会ってセックスをするよりもテレクラのほうがいい、ということなのでしょうが、いったいテレクラの良さとはどこにあるのでしょうか。
これまでにテレクラをしたことがない人にとっては、その魅力を想像しにくいところがあるかと思います。
電話で擬似セックスをするといっても、結局相手の体は目の前にないのだから、実際に触れられるセックスのほうが興奮できるのではないかと思うことでしょう。
テレクラは、かつてテレクラといわれていたサービスの形でもあり、そこから本質的なところはあまり変わっていません。
あくまで離れたところからお互いに電話をして、マスターベーションをしながら擬似セックスを楽しむというものです。
自分の耳元で、本物の女性の艶やかな声を聴きながらマスターベーションをすることの興奮度はかなり高いものでしょう。
それだけで気持ちよくなることができるのかと思うかもしれませんが、これだけ求められているということからその答えもわかるでしょう。
そんなに満足度の低いものだったとしたら、最初からここまでテレクラが広まることもなかったでしょう。
テレクラでは想像力を駆使して、相手の容姿も自分の想像力次第というところがあります。
これが実際のセックスだったら、相手の容姿は目の前に見えているものに限定されてしまいますよね。
ですが、テレクラならば自分の想像力次第でどんな相手でも想像をすることができるので、その分の興奮度が高いのかもしれません
また、時間や場所を選ぶことなく、好きな時間に出会い系サイトなどから相手を見つけてできる、というのもまたテレクラの魅力の一つといえるでしょう。

語源なし?テレクラの由来

テレクラという言葉は、国内でしか通じません。名称から輸入物=海外でも伝わると思い込んでいる人も多いですが、行為も名称も国内生まれです。
英語辞典が手元にある方は、名称で引いてみて下さい。テレクラという単語は掲載されていませんよね。セックスに関する用語辞典には掲載されていますが、解説として「日本発祥の〜」との記述が見られます。
テレクラという言葉を使用する場面は限られる為、海外で口外にする方はまずいないと思いますが、向こうでは100%、セクハラ・悪意と捉えられます。平手打ちの一発くらいは覚悟しましょう。
尚、日本国内且つ出会い系サイトで遊んでいる外国人は別です。日本語に不慣れであっても、なんとなく意味を察してくれます。
しかし声だけのセックスに満足できるような草食系外国人は、出会い系サイトなど利用しません。がっつり行くセックスがしたい!という人が殆どなので、テレクラには期待しないほうが良いでしょう。
興味本位で付き合ってくれるケースもありますが、とても稀です。またテレクラは言葉遊び的な一面も持つため、日本語が流暢でないと場が盛り上がり難いです。
日本語が流暢で、且つ官能的な言葉を適切にチョイスできる・・・なんて外国人もいますが、引き寄せるには相当な運を必要とします。しかし、あなたが重度の声フェチであれば探す価値があります。
余談ですが、通話中の声というのは意外と屋外に漏れます。二階、三階の部屋だから大丈夫!ということは、ありません。通話の際は、必ず窓を閉めましょう。

道具と音を使いこなせれば一人前

何を持って一人前とするか・・・テレクラの場合は、道具と音の使い方です。あと、語彙も豊富だといいですね。言ってしまえば、相手を興奮させ、翻弄できる人ほど“上手い”のです。

・役立つ道具たち
バイブやローターといった大人の玩具はもちろん、アイスキャンディーやバナナといった食べ物も活躍します。
誰かと同居している場合は、後者がおすすめですね。購入・ストックしておいても何一つ違和感がありませんし、使用後は美味しく証拠隠滅できます。
実際に使用する時は、どの道具をどんな風に使っている最中なのか実況しましょう。特に、音声通話のみの場合は重要です。
何せ相手には、こちらの様子が見えていません。モーター音だけで興奮できる性癖の人もいますが、非常に特殊且つ稀です。感じる刺激も実況すれば、尚のこと相手を興奮させることが出来ます。

・相手を興奮させる音
どの音がストライクかは相手によります。唾液を啜る音が堪らない!という人もいれば、ごくりと飲み下す時の音こそ至高!という人もいるわけです。
重宝される音は、やはり所謂フェラ音でしょうか。じゅるじゅると啜る音に、世の男性は否応でも興奮を感じます。慣れないうちは上手く音が出ないので、それこそバナナなんかで練習しましょう。
練習の成果は虚しく、上達しない・・・なんて場合は、息遣いに+αしましょう。言葉にならない言葉を添えるだけでも、随分と雰囲気が出ます。
いずれにせよ、初心者のうちは中々気がまわらず、相手の声に翻弄されっぱなしという事も珍しくありません。でも、それでいいんです。場馴れすれば、自然と出来るようになりますよ。